【Substance Painter】アンカーポイントを使い、狙った箇所にジェネレーターを効かせる方法

Substance Painter を使用していると、モデルでは作っていない箇所にもジェネレーターを効かせたい事が多々出てきます。しかしその度ハイモデルを作り読み込むのも時間がかかる…今回はそんな時に使用できる方法のご紹介です。

そもそもアンカーポイントとは?

アンカーポイントとは、Substance Painter内のレイヤーに設定できるものになります。これを設定すると、他のレイヤーアンカーポイントを設定したレイヤー を参照する事ができるようになります。

使用方法

1.今回はエッジの塗装のはがれを任意の形に適用させていきます。まず剥がれジェネレーター(青矢印の物)の入っているレイヤーの下に新しいレイヤー(赤矢印の物)を作成します。

2.新しいレイヤーのノーマルにアセットから使いたい形をドラック&ドロップします。

3.新しいレイヤーの上で右クリックし、出てきたタブから アンカーポイントを追加 を選択します。

4.先ほど選択した①の剥がれジェネレーターをクリックします。次にレイヤー横のタブであるプロパティージェネレーターからMicroNormalを探してTrueモードにします。上写真がその場所になります。

5.プロパティージェネレーターを更に下へスクロールし、Normalのテクスチャがのっている場所をクリックをします。クリックした再出てきたタブのANCHOR POINTSをクリックし先ほどアンカーポイントを作製したレイヤーを選択します。

6.さらにその下のリファレンスチャンネルをNormalに変更します。

6.最後に、アンカーポイントを置いているレイヤーにレベルを追加しNormalを調整して終了です。

これはテクスチャのみで凹凸を作成する際に便利かと思います。

以上アンカーポイントの使用方法でした。ここまでお読みいただきありがとうございます!

関連記事

  1. 【Substance Painter】サブスタンスペインター チュートリアル講座②

    2023-05-19

  2. 【Maya】初心者~中級者向け ローポリ+手描きテクスチャ チュートリアル講座①

    2023-12-10

  3. 【Substance Painter】サブスタンスペインター チュートリアル講座①

    2023-05-19

  4. 【Unreal Engine】初心者向け!Substance PainterでUnreal Engine用のMixテクスチャを書き出そう!Unreal編

    2023-12-06

ページ上部へ戻る