【Substance Painter】Height Map(ハイトマップ)作成③

鉄の部分にHeight Map(ハイトマップ)でネジ(リベット)を追加していこうと思います。
塗りつぶしレイヤー → 黒のマスクを追加 → 塗りつぶし → grayscale → Tile Generator
レイヤー名を分かりやすいように rivet としておきます。

Substance Painter Tile Generator


Tile Generatorのパラメーターを調整して、樽に合ったリベットを作成します。
調整出来るパラメーターの数が多いので、調整中に迷子になりがちです。
今回のモデルは下記のパラメーターを調整しています。
モデルによって数値は違うので、あくまでも参考として考えて下さい。(もっと美しい方法あれば教えて欲しいです)

Substance Painter Tile Generator プロパティ
Substance Painter Tile Generator


ネジ(リベット)に鉄の質感を入れて、パラメーターを調整します。
マテリアルモード → iron_raw_damaged
Roughness → 0.8
Height Position → 0.75

Substance Painter Tile Generator iron_raw_damaged


ネジ(リベット)の接地の影を入れたいので、ネジ(リベット)接地用のAOを作成します。
rivetにアンカーポイントを追加します。
新規レイヤーを作成して、アンカーポイントを引っ張ってきます。
新規レイヤーのレイヤーモードを Multiply に変更して、マテリアルも color のみにしておきます。
塗りつぶしレイヤー → 黒のマスクを追加 → 塗りつぶし → grayscale → rivet mask
ネジ(リベット)の影を作成したいので、ぼかします。
フィルターを追加 → フィルター → Blur
Blur Intensity → 1.45

接地の影なので、ネジに影がかからないように調整します。
塗りつぶしを複製して、Blurの上に移動します。
レイヤーモードを、 Subtract に変更します。
下記のようなマスクが作成出来ます。(AOっぽい)

Substance Painter  AO作成


Base color で色味を調整して、レベルを追加 して レベル補正 で影の濃さを調整すれば終了です。

Substance Painter  レベル補正

関連記事

  1. 【Maya】初心者~中級者向け ローポリ+手描きテクスチャ チュートリアル講座①

    2023-12-10

  2. 【Substance Painter】初心者向け!Substance PainterでUnreal Engine用のMixテクスチャを書き出そう!書き出し編

    2023-10-23

  3. 【Substance Painter】低解像度テクスチャの出力について

    2023-07-22

  4. 【Substance Painter】新機能追加‼‼3Dパスを使いこなそう

    2023-09-11

ページ上部へ戻る